オイリー肌のニキビ対策

私は中学生の頃からかなりのオイリー肌でした。思春期だったこともあり、肌は常にテカテカで、朝洗顔してもお昼前にはベタベタ。これが本当に嫌で学校にも行きたくありませんでした。

それに、オイリー肌だけでなく、オイリー肌によって肌が汚染されてニキビだらけでした。1番ニキビが酷かったのは高校1年生のときです。顔全体にニキビができていて、しかも小さいニキビではなく、かなり大きくて芯のあるニキビだらけでした。

私は初めて皮膚科に行きました。しかし、塗り薬をわたされて終わりました。塗り薬を毎日塗っていたのですが、効いてるのか効いてないのかわからなかったです。

どうしてこんなにニキビができるのか悩んでいたら、私の姉が「洗顔のしすぎじゃない?」と言ってきたのです。確かに、すぐに肌がベタベタになるので、ベタベタになるたびに洗顔をしてました。しかもしっかりと石鹸をつけてゴシゴシと洗っていたのです。

姉は肌のことなどにすごく詳しくて、洗顔を朝晩だけにしたほうが良いと言われました。そして、保湿をしっかりするようにと。

洗顔をしすぎないということはわかったのですが、保湿をする意味がわかりませんでした。保湿されすぎてオイリー肌なのにと思ってました。しかし、それは間違いだったのです。

オイリー肌のひとこそ、すごく乾燥しているのです。私のように何度も何度も洗顔することで肌の潤いが失われてしまい、肌が皮脂を出そうと働くのです。人よりもその力がすごく優れているのですぐにベタベタになってしまうということです。

私は寝る前に嫌々保湿の化粧水を塗りました。肌がベタベタしたまま寝ることにすごく抵抗がありました。朝起きると、予想通り肌がベタベタで気持ち悪かったです。

そしてすぐに顔を洗いに行ったのです。すると、なんともツルツルに。サラサラで今までにないくらいでした。それが癖になり、そこから毎晩化粧水を塗りました。

すると、徐々にではありますがオイリー肌が改善されて行ったのです。それに伴い、あれだけ悩んでいたニキビが全く見当たりません。ニキビができても、前のような芯のあるニキビは1つもありません。オイリー肌は乾燥しているということは事実だったんです。

オイリー肌だからと言って保湿をしない人はほとんどだと思います。しかし、肌のためだと思って保湿化粧水を使ってみて欲しいです。今まで悩んでいたニキビがあっという間に消えて無くなっていくかもしれません。