ニキビケアにはオロナイン軟膏は効く?

私は若い頃はほとんどニキビで悩むことがなかったのですが、大人になってから、大人ニキビができるようになって、本当に困りました。

頬にニキビができると、化膿して、ニキビの頭が白くなってくると潰したくなって、爪で潰して中から膿を出してしまって、にきび跡になってしまったりしています。ニキビができたら、できるだけ触らないことが大事なのだと思いますが、ニキビができるとつい触ってしまって、悪化させて化膿させることが多いのです。

ニキビができたら、最初はニキビ用の薬を使ったりしていましたが、肌が乾燥して、皮がむけたりしてニキビの治療にはならなかったので、何かいい方法はないものかと思っていろいろと試してみました。

洗顔はしすぎるとニキビに良くないということを知って、あまりゴシゴシと洗わないようにしています。皮脂を取りすぎると、肌が非常事態になったと勘違いして、もっと皮脂を分泌するようになって、結果としてニキビになってしまうので、ニキビケアには洗顔のしすぎや皮脂の取りすぎに気をつけるようになりました。

それで、ニキビができてしまうと、オロナイン軟膏を塗るようにしました。
オロナイン軟膏は肌を乾燥しすぎないので、しっとりとしていて肌に良さそうです。殺菌力も高くて、潰してしまったニキビにもオロナイン軟膏を塗っているとそれ以上悪くならないので、とてもいいです。

オロナイン軟膏は一番小さなチューブのものを買っていて、いつもフレッシュなものを使うようにしています。価格も非常にリーズナブルで高くないので、思いっきり使っても大丈夫なので、ニキビができるとすぐに塗るようにしています。

おでこのニキビは、顔を洗う時に前髪に石鹸がついてしまって、それを取り去ることなく前髪を下ろしていて、石鹸成分がおでこの毛穴に入ってできてしまうようです。洗顔する時には、面倒でも前髪を留めて石鹸がつかないようにして、石鹸が残らないように洗顔するのが必要だと思います。

スキンケアにはいつも通りの基礎化粧品を使って、最後にニキビのところにだけ、オロナイン軟膏を塗るとだんだんとニキビが小さくなっていって、最後には全くなくなってしまうので、とても重宝しています。

ニキビができると、必ずオロナイン軟膏を塗ってケアしているので、いつも同じようにケアしていて、今のところ最高のケアの仕方だと思っています。ニキビが枯れる時間が短くて済むので、オロナイン軟膏は必需品です。